バイヤーなども含め働く際には、業種や職種などを真っ先に検討するという人も多いことでしょう。それと、勤務地となる街のことを気にする方も多いかもしれません。交通の便はどうなのか、ランチ事情はどうなのか、気になってしまうポイントは多いですから。あと、福利厚生なんかもやはり気になるポイントのひとつに数えられますよね。どんな雇用形態にせよ、福利厚生が充実しているに越したことはありません。以上の点を調べるのに、当サイトのお仕事に関するアンケート集は非常に便利です。

最近のQ&A

主義が違う上司と仕事をする場面では、どう対処していますか?[バイヤーのお仕事についての質問]

> 茨城県 キラー(20歳)

なるたけ自分自身の意見を言うように心掛けています。

> 新潟県 進撃のPat (25歳)

価値観が合わないと思ったんですが、それが本当はそんなことなかったです。

> 宇治市 恋する夜行列車 (34歳)

自分自身の世界観も上司にきちんと伝えるようにしようと計画中。

> 北海道 ホエール (48歳)

同じ土俵に立つなんてことをしないで、一歩下がってその人の考えを理解できるように努力しています。

> 名寄市 親元NOBUAKI (28歳)

衝突したときには、相手が何を意図しているのかを考えるようにしています。

> 豊後大野市 江戸前ロバータ (43歳)

上役や自分自身の人生観ではなく職場としての人生観を考えるようにしてます。

> 羽咋市 ラヴィニア (46歳)

自分自身の心積もりもきっちりと発信して、双方ともを配慮した関わりを重視してる。

> 小平市 動け水牛 (34歳)

どうがんばっても満足いかないケースは相談してみます。

> 国分寺市 天草ミーナ (35歳)

社会人の試練だと考え割り切っております。

> 小牧市 二階堂九段坂 (45歳)

こちらから上司に合わせるように心がけています。

> 熊本県 三郎 (30歳)

最近の、バイヤーについて調査していらっしゃる人は、各々の仕事について心づもりがあるのではないでしょうか。自身にとって仕事とは何なのか、ちゃんと確認した上で仕事を探したいと思うのも分かります。その人が、後々会社選択で泣くことがないからです。まだ若い方々だとしても年配の方だとしても、この先も未だ伸び代はあるものです。初めは自分自身の基礎つくりに一所懸命してください。そうするだけで、見えない今後への不安や喪失感に苦しくなるリスクが解消されることでしょう。